2018年 9月 19日 (水)

星奈津美200バタ金メダル!「世界水泳」日本女子競泳で初めて・・・バセドウ病克服

印刷

   水泳世界選手権の女子200メートルバタフライで、星奈津美選手(24)が金メダルを獲得した。世界水泳で日本の女子が1位になったのは初めてで、星は来年のリオデジャネイロ五輪の代表に内定した。

   準決勝をトップで通過した星は決勝は中央の4レーン。50メートルのターンでは6位だったが、150メートルでは3位と追い上げ、最後の50メートルで逆転した。タイムは2分5秒56だった。大会3度目の挑戦での悲願達成だった。

来年のリオ五輪代表内定

   星はロンドン五輪の銅メダリストだが、16歳のときにバセドウ病で投薬治療を受けたが、17歳で北京オリンピック代表に史上最年少で選ばれた。しかし、18歳のときに右足首をねん挫して国際大会代表を逃した。14年の韓国・仁川アジア大会後にバセドウ病を手術した。

よかった!

   星は「いろんな人に支えてもらって舞台に戻れました。この感謝を強く持って、それを表現できる泳ぎをしたいと思います」と話した。

   司会の夏目三久「簡単には言えませんけれど、本当によかった」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中