デマ情報に踊らされたマヌケ賞金稼ぎ!武装して包囲したら警察署長の自宅だった

印刷
珍事件です

   「アメリカのフェニックス州で、賞金稼ぎの男が珍事件を起こしました」と司会の小倉智昭が笑いながら伝える。バウンティハンター(賞金稼ぎ)のグループが麻薬事件で懸賞金がかけられた逃亡犯の家を突き止め、銃などで武装して10人がかりで家を包囲したが、致命的なミスを犯していたという。

   家から出てきたのは警棒を持った下着姿の男で、なんと警察署長だった。なんと包囲した家は署長の自宅だったのだ。

   小倉「なんでこんなことになってしまったのかといいますと・・・」

   賞金稼ぎ側はフェイスブックなどを開設し、インターネットで逃亡者の情報を募っていたが、そこに寄せられたデマ情報を真に受けてしまったという。賞金稼ぎの1人が不法侵入などで逮捕された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中