2018年 9月 24日 (月)

ちばてつや「映画『バクマン。』つらくも懐かしい思い出話が織り込まれていて感動する作品」

印刷

   漫画家のちばてつや(76)は8月10日(2015年)、映画「バクマン。」監督の大根仁(46)と対談したとブログに書いている。

   「バクマン。」は高校生二人が「少年ジャンプ」での連載を目指す姿を描いた人気漫画で、大根監督は映像化するにあたって、ちばの短編「ともがき」や弟とのエピソードを参考にしたという。

   「確かに、連載途中でひん死の病気になったり、トキワ荘のマンガ家仲間に助けてもらったりと、私にとってはつらくも懐かしい思い出話が上手く織り込まれていて、感動する作品になっていました」「マンガ家を目指す若者たちにはぜひ見せてやりたい、と思う映画でした」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中