ネットで「盆供養」お寺から読経ライブ送信!パソコンに向かって合掌

印刷

   お盆に先祖の墓にお迎えに行けない人たちのために、インターネットで生中継するサービスが人気だ。青森県八戸市に菩提寺があるさいたま市の92歳の女性は先日、ネット動画で50回忌の供養をした。「お寺の本堂が全部映りました。本当にお寺に行って拝んでいるみたいな感じになりました」と満足そうだ。

住職「高齢、遠方で来られない方から要請多い」

   ネット供養の寺の仏壇には住職が1人しかいない。檀家は500キロ離れたところでパソコンの画面を見ながら手を合わす。「母親の体力的な面でちょっと行けないと思い、依頼しました」と長女(66)がいう。

生中継です

   ネット中継を始めた高山元延住職(65)は「遠方で供養のために行けないのでお願いしたいという要請が多々あります。これまでは電話対応でしていましたが、リアルタイムで供養している姿を映し出して、一緒に共有してもらいたいという思いで配信を考えました」と語る。

   長女は「お経をあげているところを見ながら一緒に手を合わせれば、行けなくてごめんなさいという気持ちがかなり緩和されると思います」

供花、墓掃除、焼香の代行サービス

   司会の夏目三久「供養の様子をインターネットで生中継するんですねえ」

   野村修也(中央大法科大学院教授)「住職にとっても檀家にとっても、ありがたいアイデアですね。日本の情報コミュニケーション技術は世界最高水準だが、活用の仕方に課題があるといわれていました。こうした工夫はこれからも大切ですね」

   高齢化社会で遠方に行けないという人はこれからも増える。ほかにも(1)供花や墓の様子を撮影し葉書きやメールで送る(2)石材店が清掃、墓石のチェックをして焼香し写真や動画で報告書を送る(3)体が不自由な人に同行、送迎する、といったサービスもあるそうだ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中