「トカゲ男」撮影成功!赤い目、長いしっぽ、鋭い爪・・・相次ぐ目撃証言

印刷

   アメリカのサウスカロライナ州でリザードマン(トカゲ男)が相次いで目撃され、証拠の写真なども撮影されているそうだ。

   司会の小倉智昭「コレ、ほんと!?」

   木下康太郎アナ「ほんとです。アメリカの大手テレビ局がニュースとして取り上げるほど、いま大変な話題なんです」

   写真は今月(2015年8月)2日、地元の教会を訪れた女性が撮影した。「神に誓って作り物ではない」と話しているという。

「ボンネットに乗っていた」「ペットを連れ去った」

   リザードマンは1988年、サウスカロライナではじめて目撃されて以来、当地では伝説的な存在だといい、「ボンネットに乗っていた」「ペットを連れ去った」などの逸話が残っている。伝えられているその特徴は、赤い目に長いしっぽ、鋭い爪だそうで、今回撮影されたリザードマンとまさに一致しているという。

ホントなの!?

   梅津弥英子キャスター「写真はかなり特撮っぽいなという感じはします」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中