「スラムダンク」の舞台『鎌倉高校前駅』―中国・台湾観光客のやりすぎ記念撮影

印刷

   鎌倉市七里ガ浜の江ノ電「鎌倉高校前」駅や鎌倉高校が、中国や台湾からの観光客が殺到して頭を悩ませている。駅の踏切内に立入り、路上を占拠して写真を撮影するのに夢中だ。なかには、ウェディング姿の若い女性を男性が撮ったりしている。

   踏切から5分ほど歩いたところにある鎌倉高校にも、授業中にもかかわらず、観光客が奥の体育館を目指して入ってくる。校舎に泊まり込もうとして騒ぎになったこともあった。

「鎌倉高校」の校内にも無断で立ち入り

   これらは高校バスケットボールの活躍を題材にしたアニメ「スラムダンク」の舞台になっているとされていて、中国や台湾でこのアニメが大人気になのだ。

   台湾から来た男性は「スラムダンクの有名な場所だから写真を撮りに来た」といい、ウェディングドレスの女性を撮影していた中国の男性は「子どもの頃、この景色を見てカッコイイと思った。結婚を記念してこの踏切で一緒に記念写真を撮りたかった」と話す。ガイドの中国人男性は「中国で一番人気があるのがスラムダンク。今年は10回以上ここに来ている」という。

   鎌倉高校の石川雅之副校長は困り顔だ。「クリーム色のあの体育館をどうしても撮りたいというんです。毎日2~3人のグループで切れ目なく来ますね。悪気はないんだけど、ここは教育の場なので遠慮していただくしかないです」

   校門に4か国語で「校内立ち入り禁止」の看板を掲げたが、それでも入ってくる。警備員の配置を検討したが予算に問題があって諦めたらしい。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中