2018年 9月 19日 (水)

錦織圭「マスターズシリーズ」快勝!ストローク安定し2-0ストレート

印刷

   テニスの錦織圭選手がマスターズシリーズのロジャーズ・カップ2回戦で快勝し、3回戦に進んだ。対戦相手のP・アンヅゥハールは世界ランキング48位で、セットカウント2-0のストレート勝ちも、いまの錦織なら当然か。

沢松奈生子「世界でも際立った存在」

   錦織は第1セットからスマッシュがさえ、第2セットには得意のラリーに持ち込み、ボレーも気持ちよくきまった。ゲストの沢松奈生子(元テニスプレーヤー)は「錦織は相手の動きが見えていました。やることがすべて成功した感じです」と解説する。

強い選手出てきます

   石井大裕アナ「足もまったく問題ありませんね。マスターズの試合でこんなに簡単に勝ったのは大変なことです」

   沢松「錦織が世界でも際立った存在になったということですよ」

   マスターズの大会に優勝すれば、世界ランキングを決めるための1000ポイントを獲得できる。錦織が昨年(2014年)の全米オープン準優勝で得たのが1200ポイントだ。「ですから、次のマスターズまでとったら気が楽になります」と沢松はいう。

   3回戦の対戦相手はベルギーのD・ゴフィンとアメリカのS・クエリーの勝者だ。 沢松「ちょっと相手が強くなってきました」

   司会の夏目三久「この大会にはジョコビッチもナダルも出ているのですよね」

   ロジャーズ・オープンの次はやはりマスターズのウエスタン&サザン・オープン、そしていよいよ全米オープンだ。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中