錦織圭「マスターズシリーズ」快勝!ストローク安定し2-0ストレート

印刷

   テニスの錦織圭選手がマスターズシリーズのロジャーズ・カップ2回戦で快勝し、3回戦に進んだ。対戦相手のP・アンヅゥハールは世界ランキング48位で、セットカウント2-0のストレート勝ちも、いまの錦織なら当然か。

沢松奈生子「世界でも際立った存在」

   錦織は第1セットからスマッシュがさえ、第2セットには得意のラリーに持ち込み、ボレーも気持ちよくきまった。ゲストの沢松奈生子(元テニスプレーヤー)は「錦織は相手の動きが見えていました。やることがすべて成功した感じです」と解説する。

強い選手出てきます

   石井大裕アナ「足もまったく問題ありませんね。マスターズの試合でこんなに簡単に勝ったのは大変なことです」

   沢松「錦織が世界でも際立った存在になったということですよ」

   マスターズの大会に優勝すれば、世界ランキングを決めるための1000ポイントを獲得できる。錦織が昨年(2014年)の全米オープン準優勝で得たのが1200ポイントだ。「ですから、次のマスターズまでとったら気が楽になります」と沢松はいう。

   3回戦の対戦相手はベルギーのD・ゴフィンとアメリカのS・クエリーの勝者だ。 沢松「ちょっと相手が強くなってきました」

   司会の夏目三久「この大会にはジョコビッチもナダルも出ているのですよね」

   ロジャーズ・オープンの次はやはりマスターズのウエスタン&サザン・オープン、そしていよいよ全米オープンだ。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中