こんなのもあるギネス挑戦!60秒間に何回自分の頭を蹴ることができるか

印刷

   ギネス世界記録に先月(2015年7月)、認定されたというじつに風変わりな挑戦が「すごすぎると話題になっている」(司会の小倉智昭)そうだ。ネパールのプスカールさん19歳が挑んだのは、60秒間で何回自分の頭を蹴ることができるかというもので、すでに10年以上の歴史があるそうだ。

   2003年に42回蹴った男性が最初の記録で、以降、世界各地で挑戦が相次ぎ、これまでに8回記録が更新され、127回がギネストップになっていた。

ネパールのプスカールさん134回!みごと記録更新

   プスカールさんは8か月練習に励み、周りの人が真剣な眼差しで見守るなか、「自蹴り」に挑戦した。頭を垂れて立つと、いきなり自分の頭を両足でかわるがわる蹴りはじめた。

凄すぎる

   従来記録を7回上回る134回を記録し、見事にギネス更新した。1秒間にほぼ2回だ。あまりの足の速さに、審査員はビデオをスロー再生して判定したという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中