2018年 9月 21日 (金)

「息するだけで酔っぱらえるバー」アルコール・ミスト浴びて・・・いい気持ちになってきたあ

印刷

   イギリスで面白いバーが話題になっている。息をするだけ酔っぱらえるのだという。先月(2015年7月)オープンしたバー「アルコホリック・アーキテクチャ(アルコール漬けの建物)」の仕組みはこうだ。

   客はみな雨合羽のような物を着て密閉された部屋に入る。壁には「息をするときは自己責任で」と書かれている。部屋には霧状にしたアルコール・ミストが充満していて、息をするだけで摂取できる。料金は日本円で1人およそ2000円だそうだが、結構な盛況ぶりだとか。

予約いっぱい!だれが行くの?

菊川:味はあるの?

   司会の小倉智昭「何を考えているんでしょうね」

   プレゼンターの木下康太郎アナ「ただですね、完全予約制で8月はもうほぼ埋まっているそうです。梅津さん、行ってみたいんじゃないですか」

   梅津弥英子キャスター「わたしはビールののど越しが好きなタイプなので・・・」

   キャスターの菊川怜「これ、味がするんでしょうか」

   木下「そうなんですよ。そこがポイントで、毎月、味が変わっていくということで、今月はジントニック&レモンだそうです。それにしても気になりませんか、実際に体感するとどうなのかが。専門家によると、アルコールが目などの粘膜から取り込まれるため、通常の1・4倍の速さで酔いが回るそうなんです。さらに摂取カロリーも通常よりも40%オフになって、非常にヘルシーだそうです」

ツマミ一切なし、1回50分まで

   小倉「ロンドンに行った時、われわれ一番困ったのはウィークデーは夜10時以降は酒は売らない、バーも酒は出さないんです。そういうところから生まれたんじゃないですかね」

   木下「この店も1回50分しかいられないそうです。ツマミは一切なく、お酒を浴びて楽しむだけ。来年2月までの営業だそうです」

   小倉「どこが楽しいんだろうね」

   菊川「早く酔っ払いたいということですかね」

ビレッジマン

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中