池袋の暴走医師・金子庄一郎「近所の評判」最悪!すぐカッとなり通報する変わり者

印刷

   おととい16日(2015年8月)夜、東京のJR池袋駅近くの繁華街の歩道に乗用車が突っ込み5人が死傷した事故で、「当時の様子、逮捕された容疑者の素顔がわかってきました」と司会の夏目三久が伝える。

事故直後も異様な言動

tv_20150818123656.jpg
「うわああああ」

過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕された東京都北区王子の医師、金子庄一郎容疑者(53)が警察官に取り押さえられた直後の様子だ。現場にいた人たちは、異様な言動だったと語っている。若い男性は「『何が悪いんだよ』みたいなことをずっと言っていて、『酔っ払っているんだよ』『じゃあ、捕まえろよ』などと言って手を出して、いきなり暴れかかったんです」と話す。別の男性は「ふらついてラリっているというか、まともじゃないかんじだった」という。

   金子は16日午後9時半ごろ、池袋駅東口の地下駐車場から地上に出て、直進禁止なのにUターンせず、歩道に乗り上げ猛スピードで歩行者をはね飛ばし、前方の衣料品店に突っ込んだ。この事故で板橋区成増の薬剤師の江幡淑子さん(41)が死亡、男女4人が重軽傷した。

父親から引き継いだ診療所で「産業医」

   金子は東京・北区で父親から継いだ診療所を経営していた。ホームページには「『こころの問題』は治る病気です。社員の方のココロとカラダの健康を守る。それが私の仕事です」などと書いてあり、「産業医」を務めていた。入口には「月火水金は定休日」という札が出ている。

   近所の人たちは「医者としては技術的にも適格性を欠くんじゃないかな。一言でいうと、カッとするタイプ」「ちょっと変わっている。『うるさい』と通報したり、嫌がらせのようなことをしたり」と話し、トラブルもあったという。

   金子は16日午後1時ごろ、自宅を出て横浜に墓参りに行き、埼玉県所沢市の熱帯魚店に立ち寄り後に帰宅。そのあと再び外出して池袋でラーメン店に入り、9時半ごろ歩道に突っ込んだ。「寝不足でした。1日中運転していた疲れがあり、居眠り運転だと思います。気がついたときはぶつかって停止していました」と供述している。

   警視庁の調べで、金子はてんかんの持病を持っていたことがわかった。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中