すごいことになってきた!甲子園盛上げる清宮とオコエ・・・ともにホームランで準決勝進出

印刷

   司会の小倉智昭「夏の甲子園、盛り上がっております」

小倉:いいバッター

   木下康太郎アナ「すごいことになってますね」

   早稲田実業の清宮幸太郎選手は17日(2015年8月)の準々決勝で前の試合に続き本塁打を放ち、チームを9年ぶりの準決勝進出に導いた。1年生で甲子園2試合連続ホームランは桑田真澄(PL学園)以来2人目だ。

   関東第一のオコエ瑠偉選手は俊足ばかりが話題になっていたが、この日は9回表に勝ち越し2ランで勝利を呼び込んだ。

   小倉「清宮は早実の先輩の王さんみたいなタイプで、オコエはイチローみたいな俊足のいいバッターですよね」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中