2018年 9月 20日 (木)

すごいことになってきた!甲子園盛上げる清宮とオコエ・・・ともにホームランで準決勝進出

印刷

   司会の小倉智昭「夏の甲子園、盛り上がっております」

小倉:いいバッター

   木下康太郎アナ「すごいことになってますね」

   早稲田実業の清宮幸太郎選手は17日(2015年8月)の準々決勝で前の試合に続き本塁打を放ち、チームを9年ぶりの準決勝進出に導いた。1年生で甲子園2試合連続ホームランは桑田真澄(PL学園)以来2人目だ。

   関東第一のオコエ瑠偉選手は俊足ばかりが話題になっていたが、この日は9回表に勝ち越し2ランで勝利を呼び込んだ。

   小倉「清宮は早実の先輩の王さんみたいなタイプで、オコエはイチローみたいな俊足のいいバッターですよね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中