2018年 7月 22日 (日)

「乳房縮小手術」巨乳が悩みアメリカ人気女優「生まれ変わったよう。素晴らしい気持ち」

印刷

   アメリカの人気ドラマに出演する女優アリエル・ウインター(17)が、ファッション誌で「乳房縮小手術」を受けたことを明かして話題になっている。FカップからDカップになったというのだが、彼女にはFの深い悩みがあった。

   その理由をブログにこう書いている。「私がいい気分でネットに投稿した写真でも、500人の人が私が太っていて気持ちが悪いとコメントを書き込む」

   また、胸が大きすぎて、ドレスや洋服のサイズが合わない。さらに、Fカップの胸の重さは両方で1.2キロにもなり、肩や頸椎には負担で、時には立っていられないほどなのだという。

肩や頸椎に負担で立っていられない・・・

加藤:いろいろあります

   美容整形の専門家によると、胸の縮小手術は少しなら「脂肪の吸引」だけで済むが、乳腺が発達していると乳腺も部分的に切除することになるという。

   手術を受けたウインターは5日後には走ることができ、首などの痛みも解消したという。「自分にフィットする洋服を買えたときは涙が出たわ。生まれかわったよう。どれだけ素晴らしい気持ちか、言葉にできない」と大喜びだ。

   岩本乃蒼アナ「いろいろありますよね」

   はあちゅう(作家)「胸が大きいとホントに大変で、知人で胸が大きくて困ってる人がいて、普段は胸をつぶすブラをしてるんだけど、それをとってお風呂に入るときなんか、重みで繊維が切れるような痛みがあって、手でかかえないといけない。想像ができないつらさだと思います」

   五百田達成(心理カウンセラー)「女性のアスリートでもいますね。パフォーマンスを上げるために胸を小さくしている人」

   司会の加藤浩次「気持ちが悪いなんていわれてね。大きくしたい人もいるのに」

   はるな愛(タレント)「私は逆に豊胸手術をしたけれど、目が覚めたとき本当にアオッと思った。ほどほどがいちばん」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中