ここ掘れワン!ワン!調べてみたら「脱獄用トンネル」・・・飼い犬が地下の変な音察知

印刷
ご褒美あげて

   「ギリシャで新聞の1面をかざったニュースです」と司会の小倉智昭が紹介する。犬が「脱獄」を未然に防いだという。15日(2015年8月)、飼い主と散歩していたワンちゃんがある場所で立ち止まると、「ココ掘れワン!ワン!」(番組キャプション)とばかりに吠えはじめた。

   何の変哲もなさそうな場所であったが、飼い主が地面を注視したところ、小さな穴があった。中からはザッザッという怪しい音が聞こえてくる。

   飼い主が警察に通報し、調べたところ、刑務所の地下から掘られた脱獄用のトンネルだった。長さは15メートルにも及び、終身刑の受刑者11人が3か月ほどかけて掘り進めている最中だったという。

   キャスターの菊川怜「ワンちゃんにご褒美があったらいいですね」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中