2019年 4月 21日 (日)

ニュージーランド沖合いで「透明な魚」捕獲!向こう側が透けて見える

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   ニュージーランドで釣れたというゼリーみたいな「透明な魚」が評判になっているそうだ。司会の小倉智昭も「本当に透明で?魚なの!?」

   この不思議な海洋生物は「サルパ・マッジョーレ」というそうで、魚のように見えるが、クラゲやクリオネといった無脊椎動物の仲間だという。透明な体のなかにはオレンジ色の部分が見え、それが消化器官だ。1匹は25センチメートルほどの大きさだが、自分のクローンをつくって連結していくという性質があり、長いものだと10メートル以上になることもあるという。

クラゲやクリオネの仲間

tv_20150820175640.jpg

   サルパ・マッジョーレは世界中に生息していて、とくに南極海などに多い。ニュージーランドのカリカリ半島の沖合64キロメートル付近で、漁に出ていた親子が発見した。くわしい生態などは謎に包まれてるそうで、わかっていることは少ない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中