2018年 7月 20日 (金)

東京ドーム15個分『巨大池』埋め尽くした真っ黒ボール9600万個!いったいなぜ?

印刷

   アメリカ・カリフォルニア州で今月(2015年8月)10日、池が一面まっ黒に染まった。「オドロキのクロ玉大作戦が展開されたんです」(司会の小倉智昭)

   東京ドーム15個分の広さがあるという貯水池の水面を埋め尽くしたのは、プラスチック製でグレープフルーツ大のボール9600万個だった。「シェードボール」と呼ばれるそうだ。

水の蒸発防ぐ干ばつ対策

   このクロ玉作戦の背景にはカリフォルニアで問題になっているかんばつがあるという。シェードボールは水の蒸発を防いだり、藻の発生を抑えることができ、15年間にわたってメンテナンスも不要で、水の品質を保つすぐれモノだそうだ。色が黒いのは、野生の鳥などが近づかないようにするためだという。

クロ玉作戦

   小倉「これ、1個いくらぐらいすんだろうね。気になるよ」

   「とくダネ!」が調べてみると、1個45円で総額約43億2000万円になる計算だという。しかし、ここだけで1年に3億ガロン(約11億リットル)が消失し、約310億円分の損失が出ているというから、「損失を防げると思えば、必要な費用」(木下康太郎アナウンサー)というわけである。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中