10歳少年の約束「お金貯めてお嫁さんにする」20年後に小銭150キロ持ち込み指輪

印刷

   幼馴染が大人になって恋に落ちる―。フジテレビ系月9ドラマ「恋仲」のような話が中国で実際にあった。中国・安徽省に住む10歳の男の子、亮君には大好きな女の子がいて、彼女に「きょうからお金を貯めて、大きくなったら僕のお嫁さんにする」と宣言した。

   ここまでなら、まぁ、よくある話だが、亮君はそれを20年後に本当に実行し、先月(2015年8月)、宝石店を訪れた。そのとき亮君(いあや、もう亮さんか)が宝石店に持ち込んだのは、小銭ばかり150キロ。ていねいに新聞紙にくるまれてはいるが、金額がいくらになるかも分からず、どの店にも断られてしまった。

感動した宝石店が4人がかりで計算

小倉:ゴールインしたかな

   困った亮さんは、最後に駆け込んだ店で20年前からの事情を詳しく説明した。

   感動した宝石店は4人がかりで小銭を数えてくれ、24万円あることもわかった。亮さんはようやく指輪を購入することができ、久しぶりに会った彼女にプロポーズした。彼女は涙ボロボロだったという。

   司会の小倉智昭「もっとも、その後2人がどうなったかは分かりません。でも、おそらくゴールインしたんじゃないですか」

   キャスターの菊川怜「へぇ~」

   小倉「宝石店の店主は『これは真実の愛の証だ』として、150枚の硬貨をお店に展示することにしたそうです。いい話のようですが、『宝石店の宣伝じゃねぇのか』という声もあるようです」

   梅津弥英子キャスター「え~ッ、いい話だと思ってたのにい」

ビレッジマン

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中