2018年 7月 21日 (土)

振り込め詐欺グループ「70代おばあちゃん」登場!高齢者安心させてカード詐取

印刷

   警視庁はきのう20日(2015年8月)、振り込め詐欺グループのメンバーだとして70代くらいの女の映像を公開した。高齢者からキャッシュカードを預かり、ATMから95万円を引き出した。

   今年2月、東京・葛飾区の70代の女性に男から電話があった「あなた用に介護施設の入居枠を買い取った。口座を借りたい。1000万円を振込みたい」という。女性は介護施設の話に心当たりはなかったが、男の話を信じてしまった。男は「キャッシュカードを借りたい。係のものが伺う」と話す。そして現れたのは70代くらいの女で、カード2枚を渡してしまった。

   カードを受け取った女は千葉・松戸駅前や都内のATMから合計95万円を引き出した。警視庁が公開したのはATMに現れた女の画像だ。

「受け子」「出し子」を担当

加藤:年寄りが現れた

   女の身長は約145センチ、短髪でメガネをかけていて、黒っぽい服で茶色のショルダーバッグを肩にかけている。画像はかなり鮮明で、知っている人なら即座に「あの人」と特定できそうだ。

   振り込め詐欺はリーダー、指示役の下に、電話でだます「架け子」、現金やカードを受け取る「受け子」、口座から引き出す「出し子」がいる。「受け子」「出し子」は若者が多かったが、この事件では高齢女性がやっていた。

   国民生活センターは「詐欺グループに高齢者がいるというのは見聞きしたことがありませんね。新しい手口かもしれません」という。警視庁は2月に事件がわかったときにセンターに注意を呼びかけなかったのか。

   詐欺に詳しい紀藤正樹弁護士は、高齢女性だと警戒心が緩むうえ、高齢者同士の繋がりで介護などの個人情報も得られるのではないかという。犯行に関わったのも、単に金儲けというほか、何らかの理由で脅された、あるいはだまされている可能性もあるという。

犯人グループ「借金苦の高齢者」引き入れ?

   司会の加藤浩次「出し子は若者と決まっていたのが、年寄りが現れました」

   青木愛(元シンクロ選手)「出し子で関わったら、気付いていると思うんですけどねえ」

   武井壮(シニア陸上選手)「年寄りが出していたら、わからないかも」

   湯山玲子(著述家)「どうやって高齢者を引き込んでいるのでしょうかねえ」

   菊地幸夫(弁護士)「高齢者も借金などで破綻状態の人が多いですから、『まけてやるからこういう仕事をしろ』というのはありえますね」

   取材した阿部祐二レポーターは、「亀有警察署までお知らせを」といっていたが、「なんでいまごろになって公開なのか。もっとテレビを利用しなさい」と警察にいってやれ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中