2018年 8月 20日 (月)

<タモリ倶楽部>(テレビ朝日系)
アンガ田中卓志「耳垢」ベッタリ!スコープ映像にタモリ絶叫「きったねえ!」

印刷

   この番組も33年になる。今回は珍しい急患の対処に備える医療関係者の対応マニュアル「マイナー・エマージェンシー」という雑誌をとりあげた。ゲストはアンガールズの田中卓志、星野源、クリス・ペプラーだ。

独特のゆるさときわどい下ネタ・・・さすが33年の長寿深夜番組

   この雑誌にはどんなことが載っているのか。最初にあげられたが「耳垢塞栓」という症例だ。耳垢が詰まって耳が聞こえなくなるというものだ。さっそくアンガールズ田中の耳をデジタルスコープで覗いてみる。モニターに田中の耳の中が映し出されると、あまりの汚さに耳垢部分にはモザイクがかけられている。

   タモリもゲストも「きったねえ!」と絶叫する。「え、そんなに?」と田中ものぞくと、「ホントにきったねえ」。ゲストの医師が洗浄することになった。注射器に入れたお湯を耳に思い切り入れられ、ぎゃーぎゃー騒ぐ田中。それを見てからかうタモリたち。何だか子供のように無邪気である。

   続いての症例は深夜ならではのものだった。一つはファスナーに陰茎が挟まった事故、もう一つは直腸に異物が入った時の対処だ。

   独特のゆるい雰囲気と下ネタ満載の深夜番組感がたまらない回であったが、下ネタはちょっと露骨すぎたので、ここでは紹介しないでおきます。(8月15日深夜11時50分)

PEKO

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中