世界陸上女子100メートル「フレーザープライス」レースもヘアスタイルも金メダル

印刷
「最初にお伝えしたいのは、千葉真子さん(アスリートコメンテーター)命名の『オシャレ番長』決定戦です。いったい誰がなるでしょうか」

   北京の世界陸上の特設スタジオからアナウンサーの石井大裕がそんな話を始めた。連日、熱戦が繰り広げられているが、もうひとつの戦いがあるようだ。

各選手とも華やかさも競い合い

   きのう24日(2015年8月)の女子100メートルは、女子スプリント界の最強といわれるジャマイカのシェリーアン・フレーザープライス(28)の緑色に染めた長い髪が話題になっていた。周りに小さなひまわりをあしらっている。

   ほかにも、ナイジェリナのオカグバレは情熱の赤、オランダのシパーズは金を狙うブロンドなど、各選手が色とりどりのヘアスタイルでスタートに並び、華やかな雰囲気だった。

   結果はフレーザープライスが10秒76で金メダルを獲得し、ファッションでも「オシャレ番長」になった。08年北京五輪、09年世界陸上ベルリン、12年ロンドン五輪、13年世界陸上モスクワ、そして今度も金という断トツの強さだ。

   終わって石井が聞いた。「多くの人があなたのファッションに驚いていますが」

   レーザープライス「色も好きだし、髪形も好き。きょうはとても興奮していたのでこの髪形にしたの。集中して走ることができて楽しかったわ」

   石井「日本へのメッセージは」

   カメラを見つめて手を振って「こんにちは」

   人懐こい笑顔が特徴で、東京五輪に来れば大変な人気者になるだろう。

文   一ツ石
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中