台風15号「九州縦断」関東・東北あすまで要警戒!豪雨、突風、竜巻・・・

印刷

   台風15号は25日午前(2015年8月)、強い勢力のまま九州を縦断して日本海に抜けた。石垣島では観測史上最も強い最大瞬間風速71.0メートルを記録し、車が横転し街路樹や電柱が軒並みなぎ倒されなど大きな被害をもたらした。

南から湿った空気流れ込み

   ふたむら・ちづこ気象予報士は日本海に抜けた後も厳重な警戒が必要だという。「台風へ向けて南から湿った空気が大量に流れ込み、山にぶつかって積乱雲が発達します。山沿いでは大量の雨や突風、竜巻が発生しやすくなります。四国、中国、近畿、東海地方は25日夕方までに200~300ミリの雨量が想定されます。

   関東、東北地方も、26日以降は湿った空気が流れ込む影響で大気が不安定になるでしょう」

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中