『世界陸上』サニブラウン準決勝進出!ガトリンも太鼓判「僕も少し焦ったよ」

印刷

   「きのう25日(2015年8月)は、『世界のサニちゃん!』が生まれた日です」

   北京の世界陸上のスタジオからアナウンサーの石井大裕が興奮気味に伝えた。男子200メートル予選で、史上最年少出場の16歳のサニブラウン・ハキーム(東京・城西高)が20秒35で100メートル銀メダルのジャスティン・ガトリン(米)に次いで2位で準決勝に進出した。

海外メディアが注目

   一番外の9レーンから好スタートで飛び出し、後半ぐんぐん伸び、最後は1人を抜き去った。石井が「どうでしたか、緊張感。この観衆は」と聞くと、「プレッシャーとか、集中しづらかったところもありましたが、自分の走りができたら大丈夫と思っていました」

   石井「次は準決勝です」

   サニブラウン「泣いても笑ってもすごい舞台。全力で挑みます」

   海外メディアも注目だ。通路で記者団に囲まれていると、ちょうど通りかかったガトリンが「サニ! サニ!」とサニブラウンの肩をポンポンと叩き、一緒にカメラに収まった。

   サニと握手して、「おめでとう。君を誇りに思うよ」と語り、記者たちに向かって「彼はいい選手だね。後ろからすごいスピードで来たから、僕も少し焦ったよ」。記者から「彼はまだ16歳なんです」と聞かれと、「アメリカではギリギリ運転できる年齢だね」とジョークを飛ばした。

   ガトリンが去ったあと、「どんな気分なの?」と聞かれると、16歳の少年は恥ずかしそうな笑顔で「まあ、うれしいですね」

藤光謙司、高瀬慧も決勝かけて今夕レース

   日本では藤光謙司(ゼンリン)、高瀬慧(富士通)も準決勝に進んだ。きょう26日夕方に行われるが、藤光、高瀬は同組でウサイン・ボルト(ジャマイカ)と走る。サニブラウンは予選と同じガトリンと同じ組だ。

   石井「日本人3人とも準決勝に進出することになりましたが、日本人の魂を感じました」

   コメンテーターの博多華丸(お笑い芸人)「200メートルは足の長さとか、日本人には向いていない競技といわれていましたが、3人全員が残ったのでリレーも楽しみですね」

文   一ツ石
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中