東京・東急線ストップ!自動化・電子化の落とし穴?原因不明の電源遮断

印刷

   東京都内の東急電鉄できのう25日(2015年8月)午後6時半ごろ、突然3線が運行を停止した。4時間後に再開したが、影響は36万人に及ぶ大混乱となった。信号機の誤作動が各所で発生したためだったが、それがなぜ起こったのかということはいまだわからず。高度に電子化・自動化されたシステムの落とし穴だ。

信号変らず、踏切遮断機下りたまま

   東横線、目黒線、多摩川線で路線の信号機や踏み切りなどで誤作動が連続して起こったため、東急電鉄は3線の運転を見合わせた。渋谷などターミナルは迂回できない乗客であふれ、バスやタクシーには長い列ができた。また、駅と駅の間で停止したままの電車には乗客が缶詰めになり、「冷房が寒すぎ」などのツイッターが飛び交った。踏み切りは遮断機が下りたままになり、いつまでも待ち続けたり、くぐったりが続いた。

tv_20150826122407.jpg

   東急電鉄によると、信号機器室の電源ブレーカーが落ち、保安装置にトラブルが発生したという。信号が赤のまま変わらなかったり、踏み切りが開かなかったりしたが、その逆の信号が青のままだったり、踏切が開きっぱなしになる可能性もあり、電車を動かしていると危険という判断だった。

   トラブルがあった信号機器室は、3線のうち、世田谷、目黒、大田区にまたがる区域を管轄していた。都立大学、自由ヶ丘、田園調布、多摩川、奥沢など乗降の多い駅がある。各路線のいわば真ん中、中核が止まったのだから、影響は大きかった。

   この施設は無人で、入り口はカギがかかっている。月に1回安全を確認しているが、今月はすでに確認済みだった。ブレーカーが突然落ちた例はこれまでなく、原因を調べている。

バックアップシステムなかったのか

   司会の加藤浩次「コンピューターで制御してますから、その電源が切れたということなんでしょうね。バックアップできないのですかね」 宮崎哲弥(評論家)「バックアップを作るという話もあったらしいが、数が多すぎて見送られたという経緯があるようですね」

   加藤「桜木町駅の事故もありましたし、今回また」 宮崎「こう立て続けだとね」

   ブレーカーが落ちるには理由があったはず。目に見えないところで、何かが起こっているのだ。人間がコントロールしているはずが、できていなかったという重大事。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中