2018年 12月 19日 (水)

エンブレム疑惑の佐野研二郎に援護射撃!審査委代表「当初デザイン全く違ってた」

印刷

   デザイナーの佐野研二郎氏がデザインした東京五輪エンブレムがベルギーの劇場ロゴと似ている「盗用疑惑」で、笠井信輔ニュースキャスターが「佐野氏に追い風が吹きそう。援護射撃がありました」と伝えた。

   エンブレムの審査委員代表である永井一正氏は、「応募当初のデザインは、パーツは同じでもまったく似ていない」と言っているというのだ。当初のデザインは、現在左上と右下の2か所にある三角形が左上にしかなく、赤い丸はもっと下のほうにあったという。ただ、ほかの商標に似ている点があり、微修正を佐野氏に依頼し、「何度もやり直ししながら、徐々にやっていったという経過」と話している。

ベルギー人デザイナー「だったら最初に戻せ」

   永井氏は1972年札幌オリンピックのシンボルマークを手がけたデザイナーだ。佐野氏は「永井さまのコメントに間違いありません」と語っている。これに対して、劇場ロゴのデザイナーのオリビエ・ドビ氏は「元のロゴがいまと違うのであれば、修正前のロゴに戻せば問題は解決する」と話している。

追い風です
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中