吉高由里子、あら勘違い「スーツ姿の男性に返事したら、ハンズフリーの通話中」

印刷

   女優の吉高由里子(27)は8月27日(2015年)に勘違いエピソードをツイッターに投稿した。鞄からものを落とし、拾っていたらスーツを着た男性から「大丈夫ですか、今から」と声を掛けられたように思った。

   「あ、大丈夫です。あ、いや拾えたので大丈夫」と答えたが、「(男性が)今から向かいまーすって通り過ぎてって、えっ?なに?って思った」

   よく見ると、男性はハンズフリーで話していていた。「大丈夫ですか」はその話し相手にだったのだ。勘違いに「痛ッ」と自分でツッコミを入れている。

   「自分にも同じような経験が・・・恥ずかしい」「確かにハンズフリーの人いつもえ?独り言?ってなる」「よくありますよね」と声が寄せられており、同じ体験をした人は少なくないようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中