「安倍首相ゴマスリ大河」辻褄合わせで支離滅裂!主人公・井上真央の出演シーン無理やり増やす「無駄な苦労」
<花燃ゆ 第34回>(NHK総合)

印刷

   「大奥編」とかいって人気回復を喧伝していた局の一縷の望みに反して、さっぱり視聴率が上がらない当番組。後半にも1度は取り上げるべきとフォローしてきたが、次第に腹が立ってきた。

   何故なら、今回を例にとると、次期藩主の毛利元徳(三浦貴大)に進言するために登城した高杉晋作(高良健吾)が、殿に薩長同盟の必要性を説く政治の場で、こともあろうに銀姫(田中麗奈)と並んで、お世継ぎを抱いた守り役の美和(文・井上真央)までが座っていて口を挟む。こんなことは絶対にありえない。美和は姫に近い存在だといっても、あくまでも奥の使用人の1人。それが表(政治)に関わる秘密事項の場に居させてもらえるわけがないのだ。酷すぎる作為だ。

   幕末の動乱期は隣りにスパイがいるかもしれない時代である。それなのに、元は久坂玄瑞の奥方だったにせよ1使用人を殿と志士の密談の場所に侍らすとは笑止千万で、主人公の文(美和)を物語の中心にもってきようがないので、無理やりこんなシーンを作っているのだろう。しかも、女の美和が高杉を睨んで意見するとは、腹が立つのを通り越して、作り手を「無駄な苦労をしてる」と上から目線で同情したくなるほど。

   そもそも、歴史に名前も碌に出てこなかった文を主人公にすること自体不自然で、安倍晋三の選挙区を話題にするための深謀遠慮だったに違いないと筆者は思っている。視聴者は鋭いから、不自然な作為は必ず見破る。年末まで低空飛行だ。(放送2015年8月23日20時~)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中