「学校に行くのつらい子」「死んじゃおうって思った子」図書館にいらっしゃい

印刷

   神奈川・鎌倉市の中央図書館が25日(2015年8月)、いじめなどで「つらい子は図書館へいらっしゃい」とツイッターで呼びかけた。これが3日間で8万回以上のリツイートになった。むろん賛否あるが、いじめと自殺の現実はついにここまできたということだ。

神奈川・鎌倉の中央図書館司書がツイート呼びかけ

   このツイートは中央図書館の司書、河合真帆さん(44)が書いた。「もうすぐ二学期。学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい。マンガもライトノベルもあるよ。一日いても誰も何も言わないよ。9月から学校へ行くくらいなら死んじゃおうと思ったら、逃げ場所に図書館も思いだしてね」

   河合さんは「9月1日、2日が自殺が多いという報道を見たのと、アメリカの図書館で『自殺したくなったら図書館へ』というポスターを作った話を思い出して、2学期が始まる直前なので」と理由を話す。

   内閣府の調査を見ると、18歳以下の自殺者数は約40年間で1万8000人あり、日付でみると新学期の4月初めと2学期の初めが突出している。とくに9月1日は131人、4月初めと9月2日が90人台で、平均は40~60人だから飛び抜けて多い。

   河合さんは「私も学校へ行くのがつらい時期を体験しています。大人でも日曜の夜は憂鬱になったりしますからね。つらいことをかかえている子は、今の時期追いつめられるようなことがあるかもしれない」ともいう。

   ツイッターでは「優しい言葉」「涙がでる」「ありがとう」などの声が並び、乙武洋匡(作家)さんも「いいなあ。すごくいい」とツイートした。「解決にならない」「不登校を助長する」などという批判の声も少なくない。

   鎌倉市教育委員会は反響の大きさにツイートの削除も考えたというが、「自殺者が少しでも減れば」という河合さんの思いを尊重してそのままになっている。

   河合さんは図書館そのものについても、「子どもに限らず、大人もすべての年代の人が気軽に自由に出入りできて、自分の第2、第3の居場所としてくつろいでもらって構わないんですよ、ということが伝わればいいなと思います」と語る。

学校でも家でもない「第2、第3の行き場所」

   岩本乃蒼アナ「どうですか、この考えかたを」

   武井壮(タレント)「いいと思う。『不登校を助長する』というのもわかるが、システムや制度に厳しいよりも、人とか心に優しい方がいいと思います。たとえ勉強が遅れようと、人の命に代わるものはないんだから。それを公的にサポートするシステムができたらもっといいと思います」

   青木愛(元シンクロ選手)「行き場所があるということは、悩んでいる子は救われますよね」

   岩本「図書館だけでなく、博物館など第2、第3の場所もあるよと知ってもらいたいと、河合さんは話してます」

   菊地幸夫(弁護士)「公共機関は少数者のために、ということを押さえる必要がありますね」

   被害者は少数者。では加害者は?「いじめ・自殺」の報道は、なぜか加害者に触れようとしない。切り込んでもいいのではないか。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中