自分の息子3人次々殺害!「男の子は嫌いだった」米オハイオの異常母

印刷

   ニューヨーク支局の西橋麻衣子記者が報告する。「オハイオ州に住む母親が、男女4人いる子供のうち、男の子ばかり3人を殺害するという痛ましい事件が起きました。その動機について、母親は『男の子は嫌いだから』という奇妙なことを口にしています」

警察も初めは「乳幼児突然死症候群」と判断

   最初の殺人は去年(2014年)7月、オハイオ州のアパートで起きた。夜勤明けで帰宅した父親がベッドで呼吸をしていない次男・ナイアル君(当時3か月)を発見し救急車を呼んだ。死亡が確認されたが、外傷などがなかったため、警察は赤ちゃんが寝ているうちに突然死亡してしまう「乳幼児突然死症候群」と断定した。

   第2の殺人は今年(2015年)4月。今度は4歳の長男・ギャビン君が命を落とした。またしても寝ている間に息が止まってしまったという。この頃、近所の住民はある異変に気付き始めていた。子供が死んだというのに、母親がまるで悲しんでいないのだ。

   その1か月後、母親は3男を出産し、生後3か月となった今月18日(2015年8月)、またしても死亡してしまった。母親は病院にも付き添わず、さすがに警察も「捜査の必要がある」と判断し、12時間にわたる事情聴取で母親が連続子殺しを自供した。

「いずれ暴力的だった父親、威張り散らす夫みたいになる・・・」

   逮捕・起訴されたブリタニー・ピルキングストン被告(23)は、18歳で20歳年上の男性と結婚し、5年間で娘1人と息子3人の子供を出産した。殺害の動機について、「男の子は嫌いだった。暴力的だった自分の父親や、いつも威張っている夫のようになるのを恐れていた」と供述しているという。

   中瀬ゆかり(「新潮社」出版部長)「これはたまたま母親が悲しみを現さなかったから露見しましたが、もし芝居でもっと悲しんでいるフリをしていたら、3人とも『そんなこともあるんだ』で処理されていたかも知れませんね」

ビレッジマン

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中