大相撲「熊ヶ谷親方」逮捕!付き人を金属バットで連日数十回殴打

印刷

   横綱白鵬を指導したこともある大相撲の親方がきのう2日(2015年9月)、付け人を金属バットで殴った傷害容疑で警視庁に逮捕された。熊ヶ谷親方、本名・山村和行容疑者(45)で、名古屋場所中の7月23日からの5日間滞在していたマンションで、運転手やスケジュール管理をしていた男性(31)を「指示したことがうまくできていなかった」「声が小さい」などとして、金属バットで連日数十回も腰や尻を殴り続け2週間のけがを負わせた。山村は「まちがいなく私がやってしまったことです」と容疑を認めているという。警視庁は去年1月から日常的に暴行していたと見て調べている。

しこ名「金親」横綱白鵬らを指導

夏目:またです

   山村は「金親」(かねちか)のしこ名で十両までいき、引退後は白鵬らの指導をしていた。宮城野親方に就任したが、10年に「大相撲に八百長がある」と週刊誌に語り、部屋付きに降格となった。

   司会の夏目三久「またしても角界で暴力事件が起きてしまいました」

   大相撲では07年に時津風部屋で当時17歳の力士が死亡する事件があり、10年には横綱朝青龍の泥酔・暴行騒動などが起きた。相撲協会は再発防止策をまとめ、暴力を根絶やしにすると誓ったはずだった。

   白鵬は報道陣に「朝は稽古をしていて知らなかった。親方に会ってもいないし、分からない」と語り、宮城野親方は「申しわけありません」と謝罪した。

   牧嶋博子(TBS解説委員)「周りが気づかなかったのかと不思議な気がします。相撲人気が復活しているのに、せっかくの暴力根絶の誓いも、のど元過ぎれば何とやらでは残念です」

   暴力体質の根は深い。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中