ダンサー・菅原小春「スティービーワンダーとの共演CM、沢山悩んで泣きながら練習していました」

印刷

   ダンサーの菅原小春(23)はTDKのCMでミュージシャンのスティービーワンダー(65)と共演した時の心境をブログにつづっている。

   「CMはごらんになりましたか?撮影はLAでおこないました」「このお話を聞いた時に時空が止まったのを覚えています!毎日寝れなくて、考えただけで涙が出る毎日でした」上手く踊れるか、どんな振付にするか、スティビーの音を壊さないかなど、プレッシャーで押しつぶされそうだったという。

   スティビーに会ってから、不安や恐怖がすっかりなくなったといい「私はラッキーガールです。でも沢山悩んで泣いて練習しました。そしたらその次の壁は幸せであふれていました。このCMをみて皆さんの力になったらうれしいです!」

   CMがきっかけで小春を知った人から「恥ずかしながらこのCMで小春さんを知りました」「なに!?カッコイイ!!誰!?ってなりました」「小春さんにぐわーっと心持ってかれました」とコメントが寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中