都知事・萬田久子、SP舘ひろし・・・傷心と悔恨抱え行き違う2人の中年!楽しみなシリーズ次回作
<月曜ゴールデンSP 八剱貴志!>(TBS系)

印刷

   御大の舘ひろしが主演なので、ただのB級サスペンスではなかろうと見てみたらまあまあ良くできていた。今、オリンピックのエンブレム撤回騒動で大騒ぎの東京都庁が舞台である。女都知事の吉峰佐和子(萬田久子)は4年前、パーティー会場で何者かに狙撃され、愛娘を失う。当時、SP警護に当たっていた八剱は身を引き、遺失物係で働いていたが、再選された吉峰のSPにまた乞われてつく。
   吉峰は新都庁建設よりも保育園の整備や、都民の生活向上が先決だと主張し、金づるを失いそうな土建屋の団体から付け狙われる。現実の舛添要一知事もこんなに連日の視察で忙しいのだろうか。石原慎太郎は週に2日か3日しか登庁していなかったらしいが。
   ドラマの最後は八剱が身を挺して知事を守るのだが、ありきたりの事件ばかり追わず、主である女都知事の吉峰と、彼女の部下として警護に当たる八剱との、微妙な心理の行き違いも描かれていて見どころがあったのである。愛娘を殺されたのが、SPが自分を庇って娘が無防備になったからだと恨んでいる萬田と、職務に徹した結果、知事の娘を失わせたと後悔する舘、2人の丁々発止の演技の火花。
   かつてのミスユニバース(?)日本代表だった萬田は、歳を取っても流石にスタイル抜群、垢抜けたファッションで颯爽としている。舘もスタイル抜群で、日本人の中年も見栄えが良くなったものである。このドラマはシリーズ化されるらしい。乞う、次回である。(放送2015年8月31日21時~)

(黄蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中