つんく♂「だから、生きる。」出版!声失う前に家族一人一人に話しかけた

印刷

   喉頭がんのために声帯を摘出して声を失ったミュージシャンで音楽プロデューサーのつんく♂(46)が、闘病手記「だから、生きる。」(新潮社)をきょう10日(2015年9月)に出版した。「スッキリ!!」その一部を紹介した。

   喉頭がんと判ったのは去年2月(2014年)で、数年前から喉に違和感があり、治療は受けたがよくならなかった。告知を受けたとき、「どうしよう!? 癌=死? あと何年? 俺どうなるんだ? 家族は? 子供たちは?」と心が千々に乱れたという。

「いろんな口調で妻の名前。これからも何万回も呼べると思ってた」

tv_20150910130418.jpg

   妻がインターネットなどで治療法や病院を調べた。声帯を温存するため放射線と抗がん剤で治療したが、10月に再発した。声帯摘出以外に道はなかった。声を失うと決断したとき、「家族と一緒に生きていきたい」という思いしかなかった。

   そして、最後に声で家族に伝えた。長男には「お母さんの言うことをよく聞きなさい。この家で唯一の男の子なんだから、お母さんのことを助けなきゃダメだよ」

   双子の長女には「素敵な声をしてるんだから、歌の練習をもっとしようね。お父さんの分も歌うって前にいってたもんね」

   次女には「お姉ちゃんを見倣って、お勉強もがんばるんだよ。大好きだよ」

   最後に奥さんに「いろんな口調で妻の名前を何度も呼んだ。これからも何万回となく呼べるものだと思っていた、妻の名前・・・」「僕は妻を愛している。子供たちを愛している。だから、生きる」

食道発声法を練習中!「第2の人生スタートしたばかり」

   現在は食道発声法に取り組んでいるという。「スッキリ!!」に「健康一番、元気一番、笑顔一番ですね。第2の人生のスタートを切ったばかリですが、これからもよろしくお願いします。PS、加藤浩次が丸坊主になっていて驚きましたが、ますますいい大人になってますね」

   リポーターの阿部祐二にも「雨のなかご苦労さまでした」

   加藤「嬉しいですね。もう次に進まれてますね」

   松嶋尚美(タレント)はもう涙でぐちゃぐちゃで、「きのうも子どもに『なにや、ぐずぐずいうて』といったけど、幸せなことやな」

   声がなくても、耳があれば音楽はできる。ベートーベン(もともと歌わない)よりいいということじゃないか。モノは考えようだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中