関東地方まだ油断できない!土砂崩れ・浸水これからも・・・雨と災害ピークにずれ

印刷

   大雨・水害はけよう11日(2015年9月)には東北地方に広がった。「重大な災害が出る恐れが強まっています。命を守る行動をとってください」と呼びかける司会の夏目三久の声もいちだんと緊張する。「きょうは番組を通して大雨に関する情報を流していきます」

土地の中にたっぷり水分

   関東をおおっていた雨雲は福島から宮城にかけての北日本に移り、さらに北に向かうと見られる。あす朝までに東北で150ミリ、北海道で100ミリの雨が予想される。

tv_20150911114048.jpg

   気象予報士の森朗が伝える。「関東の雨は午後には止んで、日中は晴れ間も出ますが、土中の水分量が増えているので、土砂災害や水位が上がっていて浸水被害の出やすい状態が続きます。雨のピークと災害のピークはずれますから油断はできません」

   鬼怒川の堤防が決壊して一帯が浸水した茨城・常総市や栃木・鹿沼市などでは、一夜が明けて、取り残された住民の本格的な救出作業が続いている。決壊現場の上空からヘリコプターの藤森祥平アナが「激しい流れが少しおさまっているように見えますが、川のすぐ近くにあった住宅街は跡かたもない状態です。救助が始まっています」と伝える。

仙台の清流・広瀬川も濁流

   夏目「被災場所でこのテレビを見ている方もいるはずです。あきらめずに助けを待ってください」

   宮城県ではきのう夕方から降り始めた雨が強弱を繰り返しながらも激しさを増していて、仙台市の清流として知られる広瀬川は水位を増し、普段は散歩する人もいる河川敷も完全に水につかった。泉区の七北田川も危険水位になっている。市内14万6000世帯、31万1000人に避難勧告が出た。

   夏目「一刻も早い救助活動と、被災者の方が助けられることを願うばかりです」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中