マイナンバー真っ平御免!番号付けられ管理されたくないぞ・・・情報漏洩必至で詐欺業界は大歓迎だって
<モーニングバード>(テレビ朝日系)

印刷

   来月には通知が来るというマイナンバーについて、世間の関心が薄いのを懸念していたら、やっと当番組で特集説明をした。青木丈税理士と司会の羽鳥慎一が大きなパネルで細かく解説する。来月送られてくる紙をミシンの入ったところで3つに切ると羽鳥がやって見せた。1番上がナンバー告知、真ん中が送り返す申請書部分、1番下がバーコード。最も歓迎して待っているのは詐欺業界だって!
   筆者は人間に番号を振って国が管理すると聞いただけで不愉快になる。まるでナチスのゲシュタポである。我々は囚人ではない。誤魔化し作業ミスで国民に迷惑ばかりかけている年金だけでなく、今後番号の漏洩でどんな酷い事態が起きるかもわからないのに、アメリカの真似をして総背番号制をゴリ押しする。アメリカの実情を政府は知っているのか。筆者は住基ネットもごめんである。
   コメンテーターの玉川徹が、「今のままで何の支障もないのに、国が管理しやすいためにやっている」と反対意見を言っていたが全くその通り。そもそも日本人はお上の決めたことに無批判で従順すぎる。我々が支払う税金で食っている公務員たちに、勝手に首根っこを押さえられたくはない。年々適用範囲が広がって、銀行口座や病歴までパソコンをポンと押すと、彼らに全部見られる時代が来たらどうするのか。どこが個人情報保護法か。マイナンバーは「個人情報バラマキ・サラシ法」である。今に泣きを見るぞ。(放送2015年9月9日8時~)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中