日本の高校生はネガティブすぎる!?10人に7人が「自分はダメ人間」

印刷

   日本の高校生の72.5%が「自分はダメな人間だと思うことがある」と感じていることが、国立青少年教育振興機構の調査(2015年8月27日発表)でわかった。1850人を調査した結果で、同じ調査で韓国の35.2%、米国の45.1%、中国の56.4%と比べて飛び抜けて高い。

「いろんなことがうまくいかない」「スタイルも顔も性格もダメ」

ネガティブじゃダメ?

   街で実際に「自分をダメな人間だと思うことがありますか」と聞いてみると、「あります」「もう、しょっちゅう。クラスをまとめられなかったりとか」(高1女子)、「だらしないんで、いろんなことがうまくいかない」(高3女子)、「スタイルも顔も性格もダメ。すぐにカッとなったりして気分屋といわれる」(高2女子)といった答えが返ってきた。

   なかには、「自分の良いところはいっぱいある。ポジティブに考える」(高1女子)という若者もいたが、50人に聞いたうち37人が「ダメ人間」と答えた。機構の調査と一致する。

   なぜ、かくもネガティブ思考なのか。機構の研究センター長の明石要一氏は「日本の高校生はシャイで控え目。アメリカも中国も韓国もはっきりものを言う習慣ができています。日本は自分を主張するのが苦手なんです」と見る。

   大人との関係でも、「小学校低学年までは親からすごく誉められるのに、中学、高校になると、家庭と学校で誉められるチャンスが減ります。それが日本の高校生の自尊感情の低さを左右しているのでしょう」という。

内心は違う?「ダメと言っておく方が何かと好都合」巧妙な言い訳

   五百田達成(心理カウンセラー)「そういう風に言っているだけというのもあると思います。心理学ではセルフ・ハンディキャップというのですが、ダメだといっておくと、何かの時に『以外といいな』といわれるとか、巧妙な言い訳でもあるのです」

   はるな愛(タレント)「ダメだなと思うことはありますね」

   はあちゅう(作家)「ダメだなと思う時と最高だと思う時の振れがありますよね」

   司会の加藤浩次は「ポジティブばかりだと逆にダメだと思うな。ネガティブにオレはダメなんだと思ってないと、進歩がないと思うよ。ネガティブは悪いことじゃない。ダメだと思ってますよ。ダメだからできる事もある」

   はあちゅう「ホントにダメな人は、ダメなことに気付いてない人ですよ」

   視聴者にアンケートをとった。自分はダメだと「特に思う」「まあまあ思う」「思わない」の三択だ。「まあまあ思う」が圧倒的に多かった。まあそうだろうという結果だ。

   ロバート・キャンベル(東京大大学院教授)「高校生にはプレッシャーがあると思いますが、もうひとつ、人並みの能力があるという点では、日本人は高いと思う」

   岩本乃蒼アナ「それはあると思いますね」

   ということは、質問自体が悪かったということか。ネガティブに聞けばネガティブに答える。これもまた日本人の特徴かも。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中