「テニス全米オープン」優勝本命ウイリアムズまさかの格下敗退!原因は厄病神の彼氏

印刷

   錦織圭は初戦敗退で興味半減となってしまったが、今年もテニス全米オープンの観客席には多くのセレブの姿があった。タイガー・ウッズ、アレックス・ロドリゲス、デレク・ジーター、ジャスティン・ティンバーレイク、ブラッドリー・クーパー、カーク・ダグラスとキャサリン・ゼダ・ジョーンズ、85歳になってもカッコいいショーン・コネリー、あのドナルド・トランプもいた。

ドレイクが応援に来ると負ける

   しかし、一番の話題をさらったのは、女子世界ランキング1位のセリーナ・ウイリアムズの応援に訪れたミュージシャンのドレイクだ。ウイリアムズはシュテフィー・グラフ以来の年間グランドスラム制覇間違いなしと評判だったのだが、ドレイクが応援に駆け付けた準決勝戦でノーシードのヴィンチにまさかの敗退を喫した。

   ファンの怒りはなぜかドレイクへ。「またお前の仕業か、ドレイク」「だからドレイクとだけは付き合うなとセリーナには警告したのに」などのツイートが溢れた。ドレイクが応援に来るとそのチームや選手が負けるというジンクスがあったのだ。セリーナはとんだ厄病神を彼氏にしてしまったのか。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中