2018年 8月 17日 (金)

裸になりたがる中国人・・・「ストリーキング」流行!?うっぷん晴らしで公衆面前で全裸

印刷
遅れてる

   暑くもないのに、公衆の面前で全裸になる中国人が急増しているという。

   司会の小倉智昭「中国人って人前で裸になるのが好きなの?」

   中国でも公然わいせつ罪はあり、裸になると逮捕される可能性があるほか、もともと裸になることには抵抗のある人が多かったという。しかし、中国事情に詳しい富坂聰・拓殖大学教授によると、2年前の出来事がきっかけで変わったそうだ。若者の間で裸奔(ラポン)と呼ばれるストリーキングが流行したのだ。

   小倉「(いまどきストリーキングなんて)10年以上遅れてるよ」

   こうしたストリーキングは悪ふざけの部分もあるかもしれないが、中国社会の閉塞感を訴える目的があるとも見られる。富坂教授は「裸になるということが、圧迫感を感じていることの表現方法だと受け止める向きがあるのではないか」と話す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中