2021年 9月 23日 (木)

JR放火の野田伊佐也「折り合い悪かった芸術家の父親」家出たが仕送り生活

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京都内のJR東日本の敷地内で起きた不審火で、警視庁は15日(2015年9月)に東京・吉祥寺に住む自称ミュージシャンの野田伊佐也容疑者(42)を威力業務妨害の疑いで逮捕した。都内で起きた8件の連続不審火のうち、8月23日に品川区の変電所のケーブルに火を付けたのが直接の容疑だ。

   野田は「やったことはやった。だけど業務妨害とは思っていない」と話しているという。

自宅から黄色いテンガロンハットと赤い自転車!「防犯映像」と一致

   変電所の不審火では「自転車に乗った男が、物を投げ入れた直後に出火した」との目撃情報があった。付近の防犯カメラの映像に赤い自転車に乗った黄色い帽子をかぶった男の映像が残っていて、目撃情報と特徴が似ていたことから警視庁はこの男の行方を追っていた野田の自宅を捜索し、黄色のテンガロンハットと赤い自転車を押収した。

   野田は自分のホームページに、針金を巻いたペットボトルや滑車の上にペットボトルを乗せた映像を掲載していたほか、画像共有サイトには黄色いテンガロンハットをかぶりマスクをした野田の映像が投稿されていた。4件の放火現場には、針金を巻いたペットボトルが焦げた状態で見つかっている。

   吉川祐二・元警視庁刑事は「この2つの映像は物証にはならないが、状況証拠として確信を持てますね。警視庁は他の不審火も取り調べるでしょう」と話す。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中