尾木直樹「学校のPCを増やすと逆に子供たちの成績が下がるんですって!ビックリ」

印刷

   教育評論家の尾木直樹(68)は「学校のパソコンを増やしたら子供の成績は逆に下がる」という9月15日(2015年)の新聞記事に驚いている。

   国際機関OECD(経済協力開発機構)が行った調査結果だという。

   尾木はタブレットを導入し予習のために活用したが、あまり成果を得られなかった九州の小学校を例に挙げ、「(新聞の)国際研究機関の調査研究結果から判断すると、あまり期待できないどころか逆に学力は下がりますね」

   新聞記事の「教師の質こそ学力のカギ」という言葉に「なるほどなぁーと納得する尾木ママです」と書いた。

   「便利なモノでも使い方、使わせ方次第ですよね」「PCだけではだめですが、英語の発音や漢字の書き順を覚えるには便利」「紙とペンが一番」と様々な意見が寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中