ハロプロリーダー矢島舞美、つんく♂に感謝「オーディション時代から見守ってくれた」

印刷

   「ハロー!プロジェクト」のリーダー矢島舞美(23)は、つんく♂が自叙伝「だから、生きる。」の中でハロプロのプロデューサーを引退していたと明らかにしていることについて、9月15日(2015年)ブログにメッセージを書いた。

   02年に芸能界に入る前、オーディションの時からつんく♂にお世話になっていて、「今はしてもしきれない、感謝の気持ちでいっぱいです」「心細さや、寂しい想いが残りますがこれまでの時間が消える事はありません。頂いた数々の歌を私たちはこれからも大切に歌っていきたいと思います。また、いつかつんく♂さんが作ってくださった楽曲も歌いたいです!」

   「これからハローはどうなるか楽しみにしてます」「ハロプロキッズに舞美ちゃんを選んでくれたつんく♂さんに感謝」「お父さんみたいな存在だよね」と声が集まっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中