熊谷「6人連続惨殺」身柄確保のペルー人 飛び降り自殺図り重体

印刷

   なんとも奇妙な事件だ。埼玉・熊谷市で夫婦が殺害された事件の捜査中に、きのう16日(2015年9月)、すぐ近くで新たに4人が殺害され、犯人と思われるペルー人の男が民家の2階から飛び降り、意識不明の重体になっている。警察で事情聴取中に逃げて、所在がわからなかった男だった。

3日前に事情聴取のスキ突いて逃走

   きのう午後4時半頃、熊谷市の住宅で1人暮らしの84歳の女性が浴室で血を流して死んでいるのを親族が見つけ110番した。警察が捜査していた午後5時半頃、近くの住宅で男を発見したが、男は包丁を持って2階の窓から身を乗り出し飛び降りた。

tv_20150917144005.jpg

   男は意識不明の重体のまま身柄を確保されたが、家の中から母親(41)と10歳と7歳の子どもが遺体で見つかった。これとは別に、熊谷では14日にも55歳と53歳の夫婦が刺殺されており、現場に残されたクツ跡が似ているなど、この男の犯行の可能性が高い。

   近所の人が撮った映像があった。民家の2階の男に警察官が下から「包丁を捨てろ」「切るな」と叫んでいる。男は包丁で自分の手首のあたりを切って、家の壁が血で染まっていた。男は胸で十字を切ったあと包丁を落とし飛び降りた(なぜか「スッキリ!!」は飛び降りたところをカットしていた)。

   男はナカダルデナ・バイロンジョナタン(30)と名乗っていて、13日に消防署に現れて何事かを訴えたが意味がわからず、警察に引き継がれ、通訳を待つ間にタバコを吸いに外へ出たすきに逃走した。警察官1人が付いていたが取り逃がした。男は逃走後、民家に不法に侵入し、警察は15日に住宅侵入容疑で男の逮捕状をとっていた。

警察の捜索ドタバタ

   当初の発表ではどんな事件なのかよくわからなかった。「母子3人が死んでいるのがみつかった」「近くにいた男の身柄を確保した」というものだったが、映像で見るかぎり、男が民家にいて警官に追いつめられて飛び降り、そのあとで家のクローゼットから母娘3人の遺体がみつかったはずだ。

   近所の人たちの話では、警察が聞き込みにきて間もなく、「男がいた」と大勢の警官が走り回っていたという。では、男は外にいたのか。遺体は死後10時間は経っていたというから、3人を殺害したあとこの家に何時間もいたのか。

   司会の加藤浩次「警察は6人ともこの男に殺されたと見ているのでしょうか」

   大竹真レポーター「関連性はあると見ています。足跡が似ている」

   加藤「なぜ消防から警察に?」

   大竹「カタコトの日本語だったと。外でタバコを吸わせていたことからも、重要なこととは思っていなかったのではないでしょうか」

   加藤「このペルー人は日本へ来て10年というのに、日本語ができなかったのでしょうか」

   おおたわ史絵(内科医)「かなり錯乱した状況が読みとれますよね。外国籍であることと、精神疾患があったことも考えられます」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中