ソフトバンクぶっちぎり最速優勝!工藤監督「地元で決められてホッとしてますよ」

印刷

   プロ野球パリーグのソフトバンクはきのう17日(2015年9月)、パリーグとしては最も早い時期の優勝を決めた。マジック1で迎えた対西武戦(ヤフオクドーム)で、ソフトバンクは内川のタイムリーや松田と長谷川の連続ホームランなどで得点を重ね、投げては武田やサファテのリレーで5-3で快勝した。

選手会長・松田宣浩「日本シリーズも勝つ」

最高ですね

   胴上げで9回宙に舞った工藤監督は「ホームのファンの前で優勝できて嬉しい。心の中ではホッとしていますよ」「1年間励ましてくれた応援、ありがとうございました。最高です」と語った。

   松田はチームのスローガン「熱男!」に触れて、心も体も熱くなろうと先頭に立つと言い通しての優勝だった。ビールかけでは「今年は勝つぞ、ホーク優勝だ」と日本シリーズに向けた掛け声でこぶしを突き上げた。内川は「みんなのおかげです。よかった」、柳田は「チームに貢献できたかな」

   2年連続、今年はぶっちぎりといっていい、ほぼ独走の優勝となった。2位とのゲーム差はきのうで14・5も開いている。

   熊崎風斗アナ「セリーグが首位から最下位まで11・5ゲーム差。ソフトバンクがいかに勝ったかを物語っています」

   司会の夏目三久「はい。キャンプから鍛錬してきて、日々勝負して、この日は本当に最高ですね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中