タモリさんの魅力「不思議な脱力加減」頑張ってること見せない粋

印刷

   子供のころ、カッコいいなぁと思った男子の姿って何ですか。そう聞くと、たいていの女子は「汗かいてバスケしてるとこ」だの「授業で先生にさされてもスラスラと答えるとこ」なんて答える。キラっと光る汗は一番わかりやすいけど、要は何かに励んでいる姿に女子は胸キュンするものだ。その懸命な眼差しが女子をとらえ、爽やかな汗が媚薬となって気を惑わせる。そう、まるで少女マンガみたいに。

企画会議にもいる「肩ひじ張らず自分感覚でヒット飛ばすディレクター」

   でも、いつのころからかカッコいい基準が変わってきた。社会人になって思うのは、「わかりやすく頑張る男」よりも「脱力の加減がいい男」の方がカッコいい。仕事のあがり具合はバラつきがあるけれど、時に誰の心にも残るようなホームランを打っちゃう男だ。

   筆者の周りにもそんな脱力系ラジオディレクターのお兄さんがいた。「ほんっとスンマセーン」と会議にはいつも遅刻してやってくる。企画書には企画意図や番組展開例なんてぜんっぜん書かれていない。「ねっ、コレおもしろくないですか」「どーでしょ、コノ人たち取材してみません?」という文言が紙面に踊っている。レイアウトもまったく無視。へんなところに画像がくっついていたりする。

   会議は「おいおいおいっ」とツッコミの嵐だ。それでもきょうは何を言い出すのやらと、出席者はどことなく彼の企画提案を楽しみにしていた。怒られないギリギリのラインで出す企画書から生まれた番組は、やはり彼の味が出ていた。タレントパワーに頼るわけでもなく、ここが笑いどころですよとわかりやすい作り方もしない。一発で誰が作ったのかわかるのだ。当然、彼は権力者に媚びることもなく、風来坊と言った感じで仕事をしていた。

ゆるくて凄くてカッコいい・・・ズルいなあ

   脱力しているのに人を引き付ける不思議な脱力加減。ファッションだって、ヨタっとのびたTシャツにラフに穿いたジーンズ。髪型もボサボサで時にひどい寝癖のままだったりする。眠そうにタバコをくわえダルそうにしている姿、芸能人でいうとリリー・フランキーさんみたいな感じかな。

   ゆるくてカッコいい。番組出演時はビシっとスーツ姿だけど、楽屋ではスエットパンツが似合う、いい感じのおじさんだ。リップスライムのみなさんもそうだな。カッコつけるのを嫌うというか、でもアウトプットとしてはカッコいい姿になっている。ズルいなあ。そんなゆるくてカッコいい男の究極はタモリさんに決まっている。

   「オレ、こんなに頑張ってます」というアピールは絶対にしないだろうな。オレ2徹とか結構当たり前だなと口が裂けても恥ずかしくて言えない感じ。ゆるさのいい加減。加減具合によっては、下手すると頑張る男になり、ダメ男にもなってしまう。バランス具合が難しそうだ。

   いつも気合いを入れて、肩に力が入ってしまう身としては、いつこの境地にいたれるのかがこれからの課題だ。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中