大渕弁護士、夫に感心「さすがイクメンパパ」 長男「ギャン泣き」に全く動じず

印刷

    大渕愛子弁護士(38)が9月20日(2015年)のブログで、夫で俳優の金山一彦(48)を「さすがイクメンパパです」と絶賛した。長男の侑生(ゆうせい)君は前日に「ギャン泣き」だったが、金山は「全く動じず、『明日になれば大丈夫』と余裕」だった。

   実際に次の日になると

「侑生も泣かずに、いつも通りの仲良し親子」

だったそうだ。金山は撮影で2週間にわたって東京を離れており、帰郷したばかり。ブログでは、2週間の侑生君の成長ぶりに驚いていた。

「前より声を出して主張するようになった事。何か主張がある時なんか泣くだけだったのが、今では言葉にならない何かを喋りながら泣いてる。身長も少し伸びたような」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中