「沸騰」日本ラグビー熱 スコットランド敗戦も何のその

印刷

   ラグビーワールドカップ(W杯)1次リーグが23日(2015年9月)、英国西部グロスターであり、日本代表(世界ランク11位)はスコットランド(12位)に敗れ、1勝1敗となった。初戦に優勝候補の南アフリカを降して人気沸騰したのだが、史上初の連勝はならなかった。

次は対サモア戦

   試合前半は序盤の6点を追う展開から、15分に日本がモールを押し込んでトライ。五郎丸選手のコンバージョンゴールもきまって一時は逆転した。35分にはもう一歩のところでトライを奪えず、それでも終了間際のピンチを五郎丸のタックルでしのいで前半を7対12のワントライ差で終えた。しかし、後半はスコットランドの猛攻をしのぎきれず、結局10対45。

まだまだあります

   日本中のファンが声援する中、五郎丸選手の母校早稲田大学でもラグビー部の後輩たちがテレビにくぎ付けとなった。学生寮の6畳ひと間に若い選手がひしめいて熱戦を見守り、五郎丸のタックルには「おおっ」という歓声と拍手がわいた。終わって部員は「非常に悔しい。次は勝ってほしい」と力を込める。

   次の試合は10月3日のサモア(世界ランク10位)戦だ。

   司会の夏目三久「まだまだあります」

   W杯は20チームが参加。1次リーグのB組は日本、南アフリカ、サモア、スコットランド、アメリカの5チーム中上位2チームが決勝トーナメントに進出する。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中