「紅の豚」ポルコ役・森山周一郎「渋い声は亡き父から譲り受けた『相続税のかからない遺産』」

印刷

   スタジオジブリの映画「紅の豚」のポルコ・ロッソなどを務める俳優・森山周一郎(81)は自分の声にまつわるエピソードをブログに書いている。

   森山の特徴的な低く渋い声は父譲りだという。「幼稚園のころからこの声で、小学校に入ると合唱の時『この中に大人が混じってる!』といわれ、近所のおばさんから気の毒がられた」が、「父から貰った相続税の掛からない遺産です。この声のおかげで80を越した今でも食べていけるのだから」と書いた。

   担当医から声帯が2枚半ある特殊な構造になっているといわれ、「亡くなったときにはホルマリン漬けにして永久保存を」と言われるほどだという。「これからもまだまだこの声帯で頑張らして頂きたいと思います」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中