<1年前のワイドショー>御嶽山「戦後最悪の火山災害」唸り上げる噴石、迫る火山灰・・・生々しいスマホ映像

印刷

   眼下の紅葉を楽しんでいた登山客を噴石や火山灰が襲った。去年(2014年)9月27日に長野・岐阜県境の御嶽山が噴火し、死者58人、不明者5人という戦後最悪の火山災害となった。ワイドショーは直ちにレポーターを送り込んだが、噴火が続いていて近づけない。ふもとで待ち構えて、何とか逃げ延びた登山客に話を聞く。

   <「赤く焼けた石がビュビュッと・・・」「鍋かぶってしのいだ」御嶽山噴火の阿鼻叫喚>(「とくダネ!」)、<「御嶽山」山岳ガイドも噴火に巻き込まれていた!「水含んでベタベタの火山灰」>(「スッキリ!!」)ち、恐怖の体験が登山者が撮った生々しいスマホ映像とともに伝えられた。

救出・捜索活動はかどらず死者58人、不明者5人

   山中の残された登山客の救出ははかどらず、<「御嶽山」心配な土石流・泥流!大雨で一気にふもとに流れ出す恐れ>(「モーニングバード!」)、<御嶽山「救出・搬出」けさ再開!山頂付近中心に不明者捜索>(「とくダネ!」)、<御嶽山「捜索難航」火山性微動と有害ガスで中断!現場指揮官「非常に困難な状況」>(「スッキリ!!」)、<まだ発見されていない登山者?ふもとの駐車場に無人の車―微動・ガスで捜索中断>(「モーニングバード!」)、<山頂付近にまだ不明者20人?家族らの問い合わせ「安否いまだわからない」>(「スッキリ!!」)、<御嶽山いよいよ難しい捜索!視界悪く気温は0度。雨で火山灰こびり付き...>(「モーニングバード!」)とワイドショーは心配した。

予兆あったのに引き上げられなかった警戒レベル

   御嶽山の噴火では、警告が後手に回っていたことも問題になった。<「御嶽山」火山性地震・微動情報なぜ公表しなかった?それでも登るなら自己責任>(「あさチャン!」)、<「御嶽山」噴火予知できなかったのか?数週間前から地震は起きていた!>(「スッキリ!!」)ということだった。

   これをきっかけに、気象庁は噴火警戒レベルを早めに引き上げることにした。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中