妊婦刑事・黒木メイサ現実離れ・・・臨月近いのにパンプス 転んだらどうする!NHKらしからぬ展開の早さ小気味いい
<デザイナーベイビー 第1回《ノゾミ》>(NHK総合)2015年9月22日22時~

印刷

    デザイナーベイビーとは遺伝子操作で親が望む優秀な子供として生まれた赤ちゃんのこと。城南大学付属病院で生後1週間の赤ん坊が誘拐される。物理工学博士・近森博と元陸上有名選手だった妻の優子(安達祐実)の子供で、連れ去ったのは産婦人科特任教授・崎山(渡辺いっけい)の患者で、死産したことを恨んでいた夫婦。
 捜査にあたるのは速水悠里(黒木メイサ)と新人の土橋両刑事。速水は臨月近い妊婦だが、犯人目線の優秀な刑事なので特別に呼ばれたのである。アリバイがなく秘密めいた産婦人科の教授・須佐見誠二郎(渡部篤郎)が疑われるが証拠がない。そのうち、犯人夫の携帯から電話が掛り、バイクに乗って環八を移動していることまで突き止められた。ここまでが第1回のあらすじである。
 展開が早く、NHKというよりは民放のサスペンスドラマ上手のテレビ朝日の作品を見ているような錯覚に陥る。8回もの連続なので民放のワンクールもどきだ。生殖医療の最前線のテーマが絡んで、面白くなりそうである。ただし、臨月近くでパンプスを履いて捜査する速水はいささか現実離れしている。転んだら早産か死産になるぞ。キーマンになりそうな須佐見教授に芝居巧者の渡部篤郎がキャストされているところをみると、ハハン、彼が中心人物かと読めるが、相変わらずくにゃくにゃしていて芸達者だ。もう1人、胚培養士の山原あけみ(斎藤由貴)が捜査に重要なカギを与えそうな気配。(放送2015年9月22日22時~)

(黄蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中