サッカー・ネイマール「巨額脱税」疑惑!ブラジル当局57億円差し押さえ

印刷

   「残念なニュースです」と、スポーツコーナーで司会の夏目三久が切りだしたのは、サッカー・ネイマール選手の巨額脱税疑惑だ。所得の過少申告でブラジル当局は57億円相当を凍結したという。

   ネイマールはアメリカの経済誌「フォーブス」の世界サッカー選手年収ランキングで、C・ロナウドやメッシらについで5位の38億円を稼ぐ。ネイマールは2011年に所属していたサントス(ブラジル)から13年に移籍金74億円でスペインのバルセロナに移るまでに19億円を脱税したという疑いを持たれている。

丸刈りで謝罪!?

   国際税制に詳しい木村正人さんは「各国が税の取り方がこれではいけないと、国際課税を厳しくしている」と世界的な傾向を解説する。

tv_20150928114935.jpg

   ネイマールの父親は「ネイマール自身も会社も脱税していない。彼は会社のメンバーではない」と反論している。ネイマールの金銭管理をする会社のことだが、メンバーに入っていないから無関係というのは言い逃れだ。疑惑が事実なら、選手の責任も追及されて当然だろう。

   ブラジルの地元紙はネイマールが丸刈りになった写真を掲載して、「取り締まられているので坊主頭にしたのか」と見出しをつけた。坊主姿が反省の意思表示なら、なんだか日本的だが、世界に波紋を広げそうだ。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中