台湾茶「Gong Cha」原宿に1号店!自分好みに100通り以上のカスタマイズ

印刷

   きのう27日朝(2015年9月)、東京・原宿に長い行列ができた。台湾茶の店が日本で初めてオープンというのだが、台湾茶とはあまりなじみがない。店の名は「Gong Cha(ゴンチャ)」といい、世界中に1100店舗もあるのだという。

   開店前に150人が並び、聞いてみると、「海外旅行に行くたびにいろんな国にGong Chaがあって、美味しくて好きだったんです。日本にできるというので来ました」「韓国でいつも飲んでました。やっと日本に上陸したので」と話している。

世界中に1100店舗!海外旅行で美味しさ知ったファンが行列

   台湾で1号店ができたのは2006年と歴史は浅いが、人気の秘密は客が味を選べる点にあるらしい。「カスタマイズ」というやつだ。まず、ベースになるお茶を緑茶、紅茶、ウーロン茶、高級茶葉の阿里山の4つから選ぶ。次に、オリジナル(ストレート)、ミルク、ゴンチャスペシャル(ミルクフォーム)、エード(果肉シロップ)と飲み方を選ぶ。

tv_20150928131811.jpg

   さらに、甘さをゼロからMAXまで4段階選べる。台湾では緑茶でもなんでも甘くするんだそうだ。氷の量も3段階から選んで、最後がトッピングだ。タピオカ、アロエ、バジルシード、ミルクフォームがある。バリエーションは100通り以上にもなるという。

   これは迷う。世界で人気のベスト3をあげると、3位がグレープフルーツ、グリーンティーエードだ。緑茶にグレープフルーツの果肉を入れ、ローズマリーがアクセントでMサイズ486円である。飲んだ岩本乃蒼アナは「ああ、爽やか」と目を丸くした。2位はミルクフォーム・グリーンティー。緑茶に泡立てた塩味のミルクフォームを乗せる(453円)。岩本は「これは絶妙のバランス」という。

人気第1位「ブラックミルクティー・タピオカトッピング」どういうものかというと・・・

   1位はブラックミルクティー・タピオカトッピングだという。紅茶にミルクを合わせ、そこへタピオカをたっぷり乗せる(507円)。黒いタピオカを太目のストローでボロボロっと吸い込んだ岩本、「絶品です。おいしい。タピオカの黒糖味もいいけど、紅茶の香りが豊かです。お茶の幅が広がりそう」と気に入ったようだ。

   高橋真麻(フリーアナウンサー)「台湾は好きでよくいくけど、これは飲んだ事がないです」

   司会の加藤浩次は「南なんですか。女子ってほんとタピオカが好きですねえ。あなたも?」と高野優(マンガ家)に聞く。「ストローから入ってくる感じとモゴモゴした感じがいいんですよ。トッピングにあったら、絶対入れちゃう」

   加藤「手島さんはどうです?」

   手嶋龍一(ジャーナリスト)「わかりません」(爆笑)

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中