東京・練馬区職員「届出に不備」と女性区民呼び出し!食事やカラオケ・・・

印刷

   秋の衣替えに合わせて「モーニングバード!」もきょう28日(2015年9月)から「羽鳥慎一モーニングショー」に衣替えし、赤江珠緒キャスターが番組を降り宇賀なつみアナにバトンタッチした。そして、「独占取材です」とやはり初登板の野上慎平アナが緊張しながら東京・練馬区役所内で起きた個人情報を悪用した事件を伝えた。

「これは犯罪だよ」と脅迫メール

   マイナンバーがいよいよ10月から本格的にスタートする時期に、あってはならない行政の不始末が発覚した。練馬区役所は戸籍住民課の男性職員(63)を、個人情報保護条例違反の疑いで警視庁に告発し、職員を懲戒免職処分にした。この職員の上司の戸籍住民課・丸山真一課長によると、事件の経緯は次の通りだ。

63歳にもなって

   6月下旬、練馬区内に引っ越してきた女性が区役所に転入届を提出すると、翌週、対応した男性職員から女性の携帯電話に「届出に不備があったので確認したい」と連絡があった。男性職員は女性から改めて名前、住所、電話番号を聞き出し、自分のスマートフォンにこの情報を登録していた。

   男性職員と女性は何回かメールでやり取りをするうちに、7月になって2回ほど都内で食事と買い物をした。その際、男性職員は女性に服(8000円)とオルゴール(5000円)と買い与え、食事した代金(1万円)、カラオケに行った代金(5000円)を支払ったという。

   これで終われば事件にはならなかっただろう。ところが、男子職員にはもともと下心があったのか、女性が色よい返事をしないと、携帯に「これは犯罪だよ」と脅迫めいたメールが届くようになった。怖くなった女性が練馬区にこれまでの経緯を報告し、男性職員の行状が明らかになった。

練馬区「窓口職員は携帯・スマホ持ち込み禁止」

   司会の羽鳥「63歳で何をやってんだと思いますけど、情報を入手できる立場にいる人は恐いですね」

   転入届の不備なら区役所に行って手続きをし直せば済む。男性職員の誘いに簡単に乗り、なぜ別の場所で会ったのか。女性は「自分の個人情報を持っているということと、区の職員ならそんなに悪い人ではないだろうということで会った」と話している。解せない話だが、番組が伝えたのはここまでだった。

   練馬区は窓口の職員は職場に携帯やスマホは持ち込み禁止、区民への連絡は窓口で応対した職員とは別の職員が対応することに変更したという。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中